プロフィール

オーナーFondateur

メゾンマエアスオーナーがルーペでアンティークジュエリーを見ている

手島 ラファエル 勇

外交官の父と元パリジェンヌのフランス人母の間に生まれる。
東京、パリ、ブリュッセル、テヘランで育つ。
東京工業大学工学部 中退。
ING(フランス国立宝石研究所) 宝石鑑定士

アメジスト、黄鉄鉱、砂漠のバラなどの美しい結晶に心惹かれ集め始めた鉱物収集が少年時代の趣味。当時は自ら山や河原などに入り、鉱物を採集することもあった。
現在も宝石を見るときは、結晶の過程や化学組成など、鉱物としての性質に着目することが多い。

鉱物からさらに宝石類、ジュエリーへと興味の範囲が広がったきっかけは二つ。
一つはイランから持ち帰った工芸品に埋め込まれた小さなルビーやトルコ石の素朴な美しさに、ふとあるとき気が付いたこと。
もう一つは子供のころから興味を持ってよく覗いていた母親のジュエリーケース。ジュエリーケースに収められていたのは、母が来日する前に祖母から引き継いだ、実家マエアス家に代々伝わるジュエリーの一部。いくつかは当時でもアンティークと呼べる年代のもので、その独特の風合いに、子供ながらにロマンをかきたてられた。

青春時代は、中学生の頃に始めた音楽活動に専念するも、生計を立てるまでには至らず、ITの世界へ。

サステナブルやSDGsという言葉が一般に浸透するよりかなり前から地球環境の異変、グローバルウォーミングなどに興味を持ち、独立後に「GreenBizMatch」という環境ビジネスに特化したBtoBマッチングサイトを運営していたこともあった。

サステナブル、モノの再利用への興味、フランス人母の影響、アート指向などいくつかの要因が重なり、フレンチアンティークの世界に入る。まずは家具・雑貨からスタート。
アンティークショップを運営しながら必要な知識・経験を習得。パリING(フランス国立宝石研究所)にて鑑定士資格を取得したのち、若い頃からの夢であったアンティークジュエリーショップをオープンするに至る。

共同オーナーCofondatrice

メゾンマエアス 共同オーナー

手島 あずさ

東京生まれ、横浜育ち。
高校卒業後、大学に進学するために単身渡米。
ミルズカレッジ 国際政治経済学部 卒業

日本人の両親のもと日本で生まれ育ちながら、幼いころから海外の文化に触れることが多く、特にフランスとの出会いは小学生時代に遡る。初めての外国語はフランス語で、小学生の頃から勉強していたものの思うように上達せず、今もなおその葛藤が続く。

高校、大学時代にパリに短期留学したことをきっかけにフランスの魅力にはまり、特にフランスのアートや神秘さを潜めたアンティークジュエリーの虜になる。
フランスやアートへの憧れを抱きつつも、周囲の影響もあり、大学卒業後は日本に帰国。約15年間、外資系ビジネスコンサルティング会社で広報・マーケティング業務に従事する。

結婚を機に東京から軽井沢へ移住し、約10年間、日仏ハーフの夫とともにフランスのアンティーク家具や雑貨を中心とした小さなアンティークショップを経営。その後、フランス伝統菓子とアンティークジュエリーに関する知識を向上させるために渡仏するが、コロナ禍で緊急帰国することになる。帰国後、再び慣れ親しんだ軽井沢へ戻り、夫婦のかねてからの夢であったアンティークジュエリーのオンラインショップ立ち上げのための準備に専念。2023年秋、念願かなってオンラインショップをオープンした。

日本人女性ならではの観点から、パリジェンヌのように「自分らしさ」を奏でるエレガントでタイムレスなアンティークジュエリーをとり入れたジュエリーコーディネートをお客様と一緒に楽しく考えていきたいと願っている。